ヘルペスウイルスによく効くことで有名な【バルトレックス】について詳しくご説明いたします。こちらのお薬は抗ウイルス薬と呼ばれるもので、ヘルペスなどの感染症の発症初期に使用することが有効とされています。

バルトレックスとヘルペスを撃退する男性の写真

バルトレックスと病期分類と風呂に入る時の注意

日本は、男女ともに性感染症に悩む人が増えています。
性感染症には、様々な種類があります。
病期分類を見ても、性感染症によって、様々な病期があります。
病期分類の病期とは、症状によって病気の進行を区分した期間で、潜伏期間や回復期間などを指します。
性病に感染した場合、病期分類もチェックするといいです。
性感性症の中で、特に若い人の患者数が増えているのが、性器ヘルペスです。
性器ヘルペスは、性交渉によって感染することが非常に多い性感染症です。
感染すると、2日から2週間ほどの潜伏期間があり、その後発症します。
性器ヘルペスは、性器やお尻の周りの皮膚に、水ぶくれや炎症が起きます。
ヘルペスに初めて感染した人の中には、熱を出し、痛みを感じる人もいます。
まれに、歩行が困難になることもあります。
しかし、性器ヘルペスは、早めに治療をすれば、1週間くらいで治ります。
性器ヘルペスは、単純ヘルペス2型というウイルスが感染して発症します。
ヘルペスウイルスは、感染力が強いため、他人への感染にも気を付ける必要があります。
特に、家族が一緒に住んでいる場合は、お風呂で使うタオルやマットは、違うものを使った方がいいです。
お風呂で感染するケースでは、その原因が、お風呂で使うタオルやマットだったということも少なくありません。
また、性交渉をする時には、相手のことも考えて、コンドームを使うことが大事です。
性器ヘルペスには、様々な治療薬がありますが、代表的な治療薬が、バルトレックスです。
バルトレックスの有効成分は、塩酸バラシクロビルです。
塩酸バラシクロビルは、ヘルペスが増殖するのを防いでくれます。
バルトレックスは、性器ヘルペスだけでなく、帯状疱疹の治療にも使われています。