ヘルペスウイルスによく効くことで有名な【バルトレックス】について詳しくご説明いたします。こちらのお薬は抗ウイルス薬と呼ばれるもので、ヘルペスなどの感染症の発症初期に使用することが有効とされています。

バルトレックスとヘルペスを撃退する男性の写真

バルトレックスは痛みが消えても1週間飲むと良い

ヘルペスはヘルペスウイルスに感染する事によって症状が現れますが、ウイルスの増殖を抑えるための治療薬としてバルトレックスがあります。
ヘルペスを発症した場合はバルトレックスを早めに服用する事でウイルスの増殖を抑える事が出来るので、治るまでの期間が短くて済みます。
ただ、バルトレックスを服用する場合は注意したい事として、痛みが消えて症状が治まったように感じられたとしても1週間程度は服用し続けた方が良いです。
ウイルスは薬を使い続ける事によって耐性を持つ可能性があり、耐性を持ったウイルスが出来てしまうとそれまで効果があった薬が効かなくなってしまう可能性があります。
バルトレックスに耐性を持ったヘルペスウイルスは発生しにくいとは言われていますが、薬を中途半端に服用したり飲むのを途中で止めてしまう事によって耐性を持ったウイルスが発生しやすくなります。
痛みが治まったからもう大丈夫だろうなどと安心していると、まだウイルスが残っている事も珍しい事では無く、服用を止めてしまう事で耐性ウイルスが出来てしまう可能性もゼロでは無いです。
ヘルペスウイルスに感染してしまうと体内から完全に取り除く事は今の医療技術では不可能ですが、耐性を持ったウイルスとなってしまうとバルトレックスを服用しても効果が得られないという事になる事も考えられます。
さらにはそれを周囲に拡散してしまう可能性もあり、自分だけではなくヘルペスに悩まされている他の人も巻き込んでしまうという事もあり得ます。
あくまでも可能性の話であり必ずそうなるという訳では無いですが、自分自身のためにも他の患者のためにも、バルトレックスに限らずに薬の安易な使用は避けてきちんと決められた通りに服用した方が良いです。